小沢一郎政治塾 東大阪市議会議員 米田 英教(ひでのり) 44才 大阪を変えたるで!!

小沢一郎政治塾 東大阪市議会議員 米田英教44才の、日々の議員活動を赤裸々につづっていきます。

マニフェスト〜私ならこうする〜4

おはようございます!!いつもご拝読いただけありがとうございます。今日はいい天気ですね〜!こんな日は自然と戯れるのには絶好のコンディションです。そこで、私のマニフェストのひとつにあげている「ペアレンツホリデー」制度を紹介させて頂きます。日々の子育てに全力で当たっておられる保護者の方々にも、たまには息抜きしていただこう!というのがこの制度の趣旨です。具体的には、NPOや各種団体が実施している事業に東大阪市が後援・協賛します。そのプログラムに参加する子供たちの保護者の方々に、たとえば映画・演劇鑑賞優待券や、東大阪市の施設利用料の減免などを実施します。この制度を有効にご利用いただきリフレッシュして日々の子育ての疲れを癒していただこう!という内容です。財政はNPOや各種団体の広告宣伝料等と、市長公用車を廃止することで浮いてくる税金等を当てます。保護者だってたまには子供と離れる時間が必要ですよね。
今日は出先からなので写真はなしです。

今日から小沢一郎政治塾冬季合宿開講

2a80dbac.jpgみなんさんこんにちは!いつもご拝読頂けありがとう御座います。今日から東京の日本青年会館において「小沢一郎政治塾」の冬季合宿が開催されます。4日間にわたり講義や、グループに分かれてテーマごとにディベートをしたり、連日あーでもないこーでもないとの打ち合わせのため、深夜をまわる熱心なグループもあるほど、全員が全員「真剣勝負」。本当に有意義な合宿です。一日だけ小沢先生と「一新会」の先生方との食事会があるのです。テーブルごとに分かれて着席し、小沢先生が各テーブルをまわられ塾生一人一人と会話されていきます。僕の隣のw嬢(お爺様が元内閣総理大臣!)とは会話が弾み10分ぐらい話されていましたが僕の時には「あ〜、君が米田ひでのり君か?うん」みたいな感じで1分ぐらいで会話が終了。トホホって感じでした。修了した僕達は例年冬季合宿終了後に、小沢先生を囲んでの「OB会」が催され政治談議に花を咲かせます。長女のときに頂いた小沢一郎先生直筆の「おめでとう!」名刺を、次女にもせがまれているのですが、小沢先生は大の「サイン嫌い」なんで、もらえるかな?と心配です。
写真は東大阪市内を歩いているときに見つけた「藤本眼科」玉の字に引かれシャッターを押しました。玉眼科??なまなましい。

マニフェスト〜私ならこうする〜 PART3

0688aadd.jpgこんにちは!いつもご拝読頂けありがとう御座います。今日もマニフェスト〜私ならこうする〜について書かせて頂きます。日本一の中小企業の町である東大阪。企業数はピーク時に比べて40%近く減っています。活力ある東大阪にするためには中小企業対策が欠かせません。既存企業のバックアップもそうですが、新しい企業家の支援・育成にも力を注ぎます。具体的には、地元金融機関との連携により新規企業化向け・既存企業向け追加融資を促進させます。また、グローバル化の促進と拡販支援と致しまして、部品調達や販路拡大のための英語サイトの構築を市が主体となって創設し、海外企業から東大阪市内企業へのアクセスをフォローします。その他、東京都大田区や近隣諸国との連携を強化して「テクノシティ東大阪」を構築し、知名度・製品群・技術力の高さなどを積極的にアピールしてまいります。
写真は、昼食を取った大阪名物びっくりラーメン!なんと1杯180円なり!結構おいしかったです。

マニフェスト〜私ならこうする〜 PART2

bf8ba524.jpgいつもご拝読いただきありがとう御座います。本日は〜私ならこうする〜マニフェストを書かせて頂きます。
暮らしやすい街づくりの一環として「子ども救急センター」の設立を早急に実施させます。子どもの急病は保護者にとって本当に当惑するもの。特に一人目の子どものときはなおさらですよね。私も長女が2回ほど救急車で搬送されているのですが、その度に激しい憤りを感じたものです。救急やねんからさっさと病院で診て貰いたいのに「かかりつけ病院は?」だとか「受け入れ先がない!」とかまごまごされて、はらはらした経験があります。具体的には深夜医療問題から子育て問題、幼児虐待問題、一時保護施設の併設など子どもに関するあらゆる問題に対応できる施設を設置します。東大阪市民病院、救急病院に併設するのが現実的かもしれません。小児科医の確保が問題になっていますが、一つの大学に依存するのではなく各方面からの医師の受け入れを積極的に要請することで解決できます。子どもを安心して育てられる東大阪市を目指します。
写真は市役所22階展望フロアーから南側を写したもの。眺望がいいです。

マニフェスト〜私ならこうする〜

64103514.jpg決算特別審査委員会もほぼ審議終了。これまでは、問題点を指摘してきましたが、今後は私のマニフェストを重点的にお伝えしていきます。
写真は、市役所22階から大阪市内を望んで写した一枚。霞がかかっていて、見通しが悪いですね。空気が汚れているのがよく分かります。

職員厚遇問題??12 市長総括5

d00358dc.jpgいつもご拝読いただけ、ありがとう御座います。昨日からこのブログのアドレスが「www.yoneda-h.com」となり、携帯電話でもアクセス出来るようになりました。御協力いただきました皆様、本当にありがとう御座います。
一昨日の総務委員会が紛糾したため、昨日の市長総括がスタートしたのは予定の午前10時を大幅に過ぎ、午後6時過ぎから始まりました。冒頭、野党側議員からの「16年度の予算執行ついてどう思われますか?」との質問に、市長答弁は「適正に執行されました」。この答弁に火がつき委員会が紛糾。「環境局職員の不透明な勤務実態」や、「学校介助員への地方自治法に抵触する恐れがある報酬の支給」などについて、かなり突っ込んだ議論に発展。市サイドはたじたじ。これらに付きましては後述したいと思います。
写真は市役所最上階22階より生駒山を望んで撮った写真。東大阪は山はあるのに街中に緑が少ない。

職員厚遇問題??115

69dc587f.jpg紛糾を続ける東大阪市議会決算審議特別委員会。昨日は総務委員会が開催されましたが、野党側からの追求の返答に窮した助役と収入役の答弁調整のために、午後3時から4時間近く中断。挙句の果てに「自席待機」と連絡が入り、何時再開されるか分からない状態に。しょうがないので結末を見ず帰宅の途につきました。その原因はやはり「17条職員(一般職非常勤職員)」の問題。一昨年、17条職員のレセプト点検員への一時金の支払方法をめぐり「違法支出により返還」された事案がありました。今回も同じ17条職員である「学校介助員」に対しても「違法支出」されたとの野党側の主張。行政のトップでありながら、指揮命令がきちんと出来ないのはリーダーとして致命的でしょう。迷惑なのは職員の皆さん。私ならきちんと法に条例に則り行政運営を司って参ります。
写真は別府温泉ではありません。ホンコンのショッピングセンター内のフードコートで見かけたお店の看板。日本企業のアグレッシブさに感嘆しました。

職員厚遇問題??10 天下り?5

289f173c.bmp昨日に引き続き「東大阪市住宅公社」について書かせて頂きます。東大阪市職員OBの天下り先と言われるこの公社ですが、実際業務に関連し東大阪市から年間2億円ほどの額に上る「修繕依頼」があるのですが、なっなんとその殆んどを「民間業者に丸投げ」。事実上の「トンネル会社」。何の技術も持たない市職員OBを漫然と受け入れ続けてきた結果、施工御者の選定方法など「行政のヤミ」をますます広げる結果となっています。一握りの人々が「甘い汁を吸う」状況が、昔からの慣行だからという一言で済まされていいのでしょうか?私なら、不透明な部分は透明にし、公平・公正に業者選定を実施し、まじめに頑張る方を中心に選定できる施策に改定します。この他、賃貸料の徴収業務も委託を受け事業収入の柱としているようですが、未収も3億5000万ほどあり、回収業務の改善が求められています。
写真は長女と次女。このようにじゃれあってくれるのは何時までかな?

職員厚遇問題??9 天下り?5

a3768ffb.jpg連日の決算委員会で次々に明るみに出る職員厚遇問題。いよいよその中核とも言える「天下り」と思われる案件について書かせて頂きます。市民の皆さんは「東大阪市住宅公社」って会社を御存知ですか?全額東大阪市出資(1000万円)のいわゆる「外郭団体」の一つであり、社長・専務・常務・監査役をはじめ社員のほとんどが市役所職員OBで占められています。本来の業務は市営住宅の「修繕・保守・管理」業務。しかし、天下ってくる職員の殆んどは非技術系の職員。要するに何の技術も持っていない人が天下ってくる。すると、何が起こるのでしょうか?次号に続きます。
写真は東大阪市役所。

今日は次女のお祝い5

845533cb.jpg今日は次女の入学祝にホテルのビュッフェに行きました。サラリーマン時代に貯めていたマイレージを使って、一家五人、御馳走を頂き全員大満足の一日。もちろん全額マイレージで交換したICマネーで支払い。次は何時これるかな?
写真は節分の豆まき行事でにぎわう石切神社。家から徒歩1分。腫れ物の神様が祭られているので商売人に御利益があるようです。腫れる→膨らむ→大きくなる、っで商売繁盛につながる神様だそうですよ。
米田英教とは?
QRコード
QRコード
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor プロフィール
COGブログ

CAPCOM

(C) CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.